忍者ブログ
三国志大戦3ブログ
[357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近気が付いた事:大戦は金食い虫!どうもヘタレですw

さて今回は・・・証3に戻りました!!
何だか1品→大尉→証3→1品のループに陥っております。
品に降格してもすぐ大尉昇格戦になり失敗することなく大尉に帰れるようになりました!
証争奪戦にて運が良いと勝って証が増えるのは良いのですが・・・負けると悲惨ですorz
司空になれるのはいつの日やら・・・。

相変わらず呂布&呉バラで頑張っております。
このデッキは「天下無双の為だけにあるデッキ」ですので雲散が本当に辛いです(涙
相手のデッキに雲散というかUC夏侯惇が入っていると辛いです。
一時SR呂布、SR諸葛亮、R呂姫、Cハイゲンショウ、C張梁の「八卦+無双で雲散されない!!」をコンセプトのデッキを組もうとして「冷静になってみれば蜀単で良いよな?」と思ったのはヒミツ中のヒミツだw
後呂布&呉はプレイスタイルが「ガン攻め」ではないのがちょっと辛いです。
今までは兎にも角にも「ガン攻め」がプレイスタイルだった自分が「バランス型」デッキを使うことになろうとは思っても見なかったです。
大戦1の前半では結構バランス型やガン待ち系のデッキを使っておりましたが、メインで「バランス型」を使うことになったのは多分2年ぶりぐらいです。
ちょっと前に新デッキが決まらず、悩んでいた時に「開幕速攻型デッキ」に手を出そうかどうか悩みましたが、何故か興味が湧きませんでした。
頂上対決に出ていた「弓連環」も同じ感じでした。
同じ攻めスタイルでも一度崩されるとガタガタになるイメージが強かったのと「ダメ計がいたら終了」が一番の理由でしょうか?
呂布ワラも基本的にはダメ計に弱いですが、毎回デッキを作る際「ダメ計に対してどうするべきか?」を合言葉にデッキを作るのですが、「開幕速攻型」は「どうすればダメ計を打たせずに落城するか?」なので向かっている方向は一緒なのですがベクトルが違うわけですよ。
こちら(呂布使い)は(ダメ計を)打たれても勝つ!あちら(開幕速攻型)は(ダメ計を)打たせずに勝つ!という感じでしょうか?
限りなく開幕速攻型に近い呂布ワラですが、実は結構守りのほうも重視している訳ですよ!
大戦1の時代からSR張角やR献帝を入れて「呂布が撤退しても大丈夫!」が大戦1の頃から出来ていた訳です。

で、大戦3になってから「太平洋術」の計略を持ったコスト1の張角は消滅し、R献帝は「誰?ソレ?」になってw代わりにC張魯やUCウキツ、自分的にはUC袁術が出てきたわけですよ。
今まではどうにかこうにか使ってきましたが、自分のスキルに限界が来たようなので(以下省略

要するに!

たまには頭を柔らかくしろ!!ということですよw
呂布ワラにこだわるもよし、単色にこだわるもOK!!だけどちょっといつもと違うデッキを考えてみると意外と良いデッキが出来るかもですよ?
いつも「勝てない」と嘆いているそこの貴方!ちょっとデッキに対する考えを変えてみては如何でしょうか?
ひょっとすると楽に大尉になれ・・・たらいいなぁww

さてここで問題です。

私はこの文を誰に向けて書いているのでしょうか?ww
もし偶然だれかがこのブログを読んで参考になれば自分は嬉しいです。

へタレ大尉の戯言ですのであまり気にしないで下さい。

それでは今回は此処まで!!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
『はっぴぃプリンセス』 2007.9.28 on Sale!
最新コメント
(08/25)
無題(返信済)
(07/03)
無題(返信済)
(06/29)
初日お疲れ(返信済)
(06/18)
(05/27)
プロフィール
HN:
奸雄
性別:
非公開
自己紹介:
へたれ廃人です。
名:奸雄 字:ツミ
調布のゲーセンをホームグランドに暴れております。
チーム「乱華」のリーダーをやっております。
君主名は奸雄です。
呂布ワラメイン、蜀or魏をサブデッキで使っております。
見かけましたら気軽に話しかけてください。
蒼天航路の話しをされると喜びます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析